SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~  プレイ感想 (真相ルート)

心が抉られ続けた真相ルートも終了!!

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~ (2015年7月発売予定) 応援中![スイートクラウン(CV:松本忍)]
※中途半端にネタバレに配慮した結果、バナーは代理でスイクラ様にお願いしました(笑)

えー…………………

言及したい事がありすぎるような、何もないような…ものすごく奇妙な余韻に支配されていて、いまとても困惑しています。

というか「コンプした後もじわじわと精神が抉られ続ける」といういやな継続効果を付与されてしまい、軽く抜け殻みたいになってます(苦笑)TAKUYOさんやってくれるわ…

雰囲気がそっくりだったし、OPムービーの構成的にも意味ありげだったので、ゲーム開始時点で柘榴ちゃんに弟がいると判明した時から、もう真井さんがそうなんだろうと思っていました。

久瀬君の歪愛EDなどから推測するに、真相ルートはさぞや後味の悪い残酷な事実が明かされるのだろう…という前準備的な伏線も仄めかしてくれていたので、覚悟はできていました。

にもかかわらず、あまりに緻密で残酷な真実に滅多打ちにされた!!


もう、真井君とか完全に誤算でした。ゲーム開始時から、既に正体は予測できてしまっていたので、近親の恋愛に萌えられない気質の私としては完全に攻略対象外キャラだったんですよ。

しかも「人畜無害さはフェイクで本性は別にあるはず」という穿った見方をしていたので、どんなに優しくされても、さほど心が動かされることはなかったんですが。

まさかの知也≠真井さんだった。

無性に惹かれる女の子が現れて、何としても守ってあげたいと思い始めていたら、実の姉でしたー!って、最高に残酷ですよね…

彼女自身が求めるのは「弟の知也」であって自分じゃない、しかもその知也が現状の自分とは似て非なる歪みまくった恋情を抱いていて、どう考えても柘榴にとっていい結果には結びつかない。

真井さんの優しすぎるせいで絶妙に報われない葛藤と、負の三角関係にメンタルがザクザク抉られまくるんですが、何ですかこれ。


いっそ、真井さんが他人として生まれ変わっていたり、久瀬くんみたいに菓子人形だったら…?と思ったけど、彼が柘榴に抱いた恋愛感情は、自分の半身だからこそ惹かれてしまった所が大きい気がするので、やはり姉弟である事が前提な気もするし…

道化師が何故あそこまで柘榴ちゃんに歪んだ執着を向けていたのか、誰と恋愛していてもどこか欠けたままに思えるような違和感は何なのか。そのあたりの疑問が全部ひとつに繋がった時の絶望感が半端なかったです。

二人で作ったクッキーが、まさかスイクラ様の心臓クッキーと同じ働きかけをするとは…出来すぎた偶然の一致があまりに残酷。道化師が歓喜するのも頷けるくらいの悲劇。

しかし、グレナデンシロップ入りクッキーってどんな味なんだろう??あまり美味しくはない気がするけど…作ってみるか(ぽそっ)

余談ですが、密原プロデュースの朗読寸劇とか、天丼食事会とかすごい笑いました。皆大好きだー。古橋さんだけプレイ中なんの童話モチーフかはっきりわからなかったんですが…赤ずきんなんだ!獣が関連してそうだと思って、美女と野獣あたりかと。

知也君に関してはもう、徹底した歪みっぷりが全然好きになれない。歪んだ独占欲からクランとラズを菓子化したの万死に値するし、かくれんぼでファインプレイを披露したオフレンダ4人(涙)をあっさり踏みにじったのも含めて許せないんですが。

(最後に残った密原君の漢気ある発言に「ああ、そんな悪役が改心して死ぬ時みたいな典型的な死亡フラグを…!!」と酷い感動の仕方をしたのは内緒です)

でも、そうなった原因が柘榴ちゃんだってあたり、彼もある意味被害者であって…本来なら優しい子だったはずで…もうほんとに最高に救いがなさすぎる…(頭痛)

ここまでくると、無意識とはいえ依存して相手の気持ちを歪めるまで求めておいて、けして受け入れる事はしない柘榴ちゃんの鉄壁さが、酷く無責任で自分勝手にも思えてきてしまう(涙目)

他ルートプレイ時→「柘榴ちゃんは弟の事を引きずりすぎないで幸せになるべき!」

真相ルートプレイ後→「これ、柘榴ちゃん幸せになるべきではないんじゃ…ずっと喪失感を抱えて生きるのが償いなんじゃ…」

危うく、ここまでのルートを全否定したくなるほどの暗澹とした気分に陥りかけました。乙女ゲームとしては由々しき事態です。

それでも彼らの起点を知って物語の幕を降ろすという意味では、確かに知るべきだったんだろうと思う真相でした。EDムービーが素晴らしく凝っていてとても美しく…なんとも言えない…。

というか、真相グッド…全員「???」で進行していくのは良い演出だと思ったんですが。真井君の友人枠二名の配役に無理がありすぎるよ!あれ、たぶん大学の友達ですよね?

衝撃は走ったしなるほどな、とは思ったものの…なんとなくクランとラズの名前は変えないで欲しかったなあ。穿ちすぎかもしれないけれど、柘榴ちゃんの無意識のエゴと自己満足の象徴みたいでちょっと嫌だなと思ってしまいました。

カカオ99%のチョコレートみたいな味わいだったので、なんか舌が麻痺するわ胸と胃が重たくなるわで、全然乙女ゲームじゃなかったんですが(苦笑)物語としてはとても面白かったと思います。

歪みと報われなさも全部ひっくるめてダークなシナリオの完成度の高さ。細部までこだわりと愛を感じる作りでした。TAKUYOさんの作品「これ考えた人あたまおかしい(褒め言葉)」ってなるから、本当に大好きです(笑)

それにしても、真井さんに攻略要素を全く期待してなかった私ですらかなりダメージくらってるんですけど、彼を攻略したいと思っていたプレイヤーさん達(おそらく相当数いらっしゃるはず)の心情は…(戦慄)

彼の恋心が報われないままなのは後味が悪いし、出来れば報われてほしい気もするのですが…柘榴ちゃん鉄壁すぎてあれ以上ベストな結末が思い浮かばない(涙)

とりあえず、当初予定していた通り、私は古橋さん深愛EDを史実とする事で心の平穏を保つことにします(すみません)

そもそもの事件の発端であるグラナダとロッサさんが和解。もうひとつの起点である歪んてしまった知也君の恋心も道化師さんが柘榴ちゃんとひとつになった事で解決…というか。

勝手な想像かつ暴論でしかないんですが、もし知也君が歪まず、森で城を見つけたりもせず、失踪もせずにそのまま成長してたとしても…やっぱり彼は真井君と同程度には柘榴ちゃんに道ならぬ恋をして苦しんだような気もする。

そう考えると、スイクラ様と出会って、知也君の恋心と執着だけが彼に移行して、それが柘榴ちゃんに入って「ひとつになりたい」という願いとして昇華して…という結果が、荒療治ながらも本当に奇跡みたいな物語だなあ、なんて思えてしまって。

真井さんも、ややこしい記憶を思い出さないで普通に楽しく生活しているし(切ないけど)…やはり、古橋さんの深愛グッドが私的にはベストです。他のキャラとのEDだって、それに負けず劣らず大好きです。本当に、どの結末もそれぞれ味わい深かった。

だけど、きっと真相グッドこそが正しい幕引きなんだろうなあ…なんて思えてしまうスイクラ。本当に罪深い作品です。ああ、でも本当に楽しかったー!!

追記:実は古橋ルート終わった時点でスイクラ熱を持て余した結果、血迷ってステラワースさんの限定セットを追加で注文してしまってたんですが。(普段は予約特典CDすら聞かない事が多い私としては異例中の異例)大正解でした。

深愛END後のエピソード収録のSS小冊子がほんと素晴らしい…!!全員とても可愛らしくて最高にニヤニヤできました。

※感想を一時ここに記載してたんですが、特典CD感想と一緒に↓にまとめ直しました。

スイクラ特典関連の感想:http://otonoha-or.at.webry.info/201507/article_7.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス