音の葉おれんじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 喧嘩番長 乙女   プレイ感想(序盤)

<<   作成日時 : 2016/05/20 11:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

喧嘩上等な乙女ゲー、プレイ開始しました。

変わり種な乙女ゲームが大好物なので「そろそろ拳で愛を語ろうか」なんて全力でネタに走ってる感あるキャッチコピーにつられないはずがなく…発表されて以来プレイ出来る日をずっと楽しみにしてました。

ちなみに、元シリーズである喧嘩番長の方は存在は知ってたんですが未プレイです(すみません)

〜システム関連〜

クイックロード・セーブと既読スキップやオート再生…テキストAVG部分に関しては機能標準装備ではないかと。個人的には履歴からの巻き戻しロードがあれば嬉しかったんですが、特に不満なく普通に遊べる印象。

MAP移動でキャラ選択して喧嘩or会話をする事で好感度を上げて行くという、ちょっと独特な仕様あり。もちろん、目当てのキャラと会話するのも大事なんですが…喧嘩を避けて相手と会話ばかりしてるといきなりバッドエンドになりました(笑)

漢らしい選択と女の子らしい選択の比重によって恋愛展開が分岐するみたいなのでとても楽しみです。

そしてこのゲームの目玉であろうバトルパート。「やたら攻めてるなー、馬鹿だなー(失礼)」という印象だったんですが。

「メンチを切るとは、これから喧嘩を売らせていただきますという挨拶です」、という親切すぎるチュートリアル文で思い切りふき出しました。大丈夫メンチを切るって単語くらい普通に知ってる。というか何でそんな丁寧な言いまわしにした?

もう、最初の火花バチバチしてる画面からしてすでに面白くて、笑いが止まらなくて大変でした。

メンチを切る際の感情選択→啖呵を切る台詞を制限時間以内に正しく選択→リズムゲー風味のボタン押しバトル…という流れです。喧嘩を売るときの文章を間違えたり、いきなり殴りかかるを選択さえしなければ、難易度的にはとても簡単。(あくまで序盤の感想ですが)

よほどのミスさえしなければ圧勝というか、ほんとうに一撃もくらうことなく相手をノックアウト可能なヒロイン無双ゲーと化してるので、気軽に操作できます。

※仮に負けたらどうなるか、画面放置で実験してみたんですが「リトライ・タイトル画面に戻る・勝った事にする」というすごく親切な三択が出ました(笑)

かなり頻繁にこのバトルモードが入るので、作業が苦手な方には苦痛かもしれませんが…私は乙女ゲーにありがちな、うめき声と殴打音が連続するだけの紙芝居戦闘があまり好きじゃないのでこのシステムわりと楽しいと思います。

啖呵を切るときのダミー文が地味に色々とおかしい。


〜シナリオ雑感〜

お話としては、熱血青春&ライトな馬鹿さわぎ学園バトルコメディって感じなので甘さを求める人には不向きかもですが、私はこういうノリがすごく好きで心の底から楽しいです。


入学式に向かう途中、少年と道端でぶつかって怪我をさせてしまったヒロイン。なんと二人は顔が瓜二つ!事情があるらしく入学式は絶対に休めないと主張する少年の代わりに、やむなく代理で出席することになったものの…

少年は極道一家の御曹司であり、通うはずの高校は札付きのワルが横行する有名なヤンキー高校だった…!!

少年「実は、ヒロインとは血のつながった家族(双子)なので、そっくりなのは当たり前。全部前もって計画してたので、怪我も当然替え玉入学させるための狂言だよ☆」

うん。もう冒頭からかなり無茶苦茶な展開でつっこみどころしかないなこれ。※褒めてます

真面目な話、このヒロインの実兄の言動酷すぎだし自己中炸裂なのですが…声優の代永翼さんが良い感じに女子感あふれるボイスで頑張ってくれてるので、今のところわりと嫌いじゃないです。

乙女ゲーム仕様だからだいぶスタイリッシュ&ライトな雰囲気とはいえ…序盤から問答無用でトップ争いのバトルロワイヤルに巻き込まれて、むさくるしい野郎どもと頻繁に拳を交わす事になるので「このヤンキーパラダイス誰得なの…?」という気分になることがしばしば(笑)

ヒロインのひなこちゃんがおとなしめで良識派なのに女子(戦闘)力高すぎだったり、友達がいなかったせいで世間ずれしてるところがとても愉快で可愛い…!乙女ゲームでBL風味が個人的に地雷なので、ちょっと心配してたもののそこは余裕で大丈夫そうです。

男装してヤンキー殴り倒しててもちゃんとヒロインとして見れるし、熱血青春な学園コメディ感があって、すごく面白いです。

攻略対象のメンバーもなかなかに個性豊かです。ヤンキーならでは(?)の信念とか筋が通った漢らしさがあって、それぞれ違った魅力と格好良さがあります。誰から攻略しようかすごく迷いますが…いつも通りメインヒーロー的なととまる君から行ってみようかな(名前むずかしい)

喧嘩番長乙女…斬新といえば斬新なんですが、意外と普通に乙女ゲームしてるかもです(笑)


喧嘩番長 乙女 (特典なし)
スパイク・チュンソフト
2016-05-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 喧嘩番長 乙女 (特典なし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
喧嘩番長 乙女   プレイ感想(序盤) 音の葉おれんじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる