ルルアのアトリエ  ~アーランドの錬金術士4~ プレイ感想2

キャラ個別感想を入れるの忘れていたので、追加で残しときます。


~キャラクターについて~


ルルア:妖精のような可憐なビジュアルに反して、素直で明るい猪突猛進系の主人公でした。
そして、カレーへの愛と情熱が半端ない。

人間愛に溢れまくったポジティブな人懐っこさが最高に可愛いです。もう何もかもが可愛い。はあああ…立ってるだけで可愛いー!!←やかましい

…失礼しました。いやでも真面目な話、彼女が今作の主人公で本当に良かったと思います。

何故か(?)アーキュリス三大美人に入れてもらえないらしいのですが、確かに「美人」っていうカテゴリより「老若男女問わずに人気の名物娘」って感じはします。

これがアトリエ世界でなかったら、彼女を巡っての修羅場が各地で発生しそうな勢いで人たらしでした。誰とでも即好感度MAX状態になっちゃうのほんとすごい。

エーファや先生を置いてまで、あえて家族を欲しがるような子には見えなかったのですが…ゲーム本編のロロナの発言を真に受けると、本当に「娘になってほしいなー」「わーい!なるなる!!」くらいのノリで養子縁組したようにしか聞こえず、なかなかにモヤっとします。

いやあの…普通ものごごろついてたら、何で自分を娘にしたいかの理由くらい聞くよね!?

いや聞かないのか…?牧歌的で平和なアトリエ世界で、ルルアちゃんくらい人間愛に溢れてると「大好きなロロナさんがお母さんになってくれるって言ってる!」くらいの理由さえあれば十分なのか…?(困惑)

まあ、アトリエではこういう設定殺しはよくある事なので「可愛いロロナ×可愛いルルア=可愛い親子最高ヒュー!!」くらいのノリでふわっとスルーしときます。



エーファ:ルルアの幼馴染で同じ孤児院出身。しっかり者で意外と毒舌な美少女。使用武器は重火器。しかも弾代節約のために基本撃たずにぶん殴るスタイル。エーファ様素敵…!

またヒロイン溺愛過激派な親友キャラいるのか…(正直胸やけ気味なんだけどなー)とか決めつけかけて本当にごめんなさい。

ルルアと孤児院の皆が本当に大好きでなにより大切にしている、すっごくいい子でした。

ルルアに抱く感情がガチで深くて重たいし「好きな人はルルアちゃん」と公言してたけど…これ、恋愛というよりは純粋な家族愛&友情なんじゃないかなと思いました。※個人の感想です

生家との軋轢、もうちょっと掘り下げてくれても良かったんですが、これくらいの匙加減がアトリエらしくてちょうどいいのかもですね。

別枠ですがベノン先生の過去話までやってくれると思わなくて、だいぶシナリオへの好感度が上がりました。孤児院まわりの人間関係がわりとしっかりしてるだけに、ロロナとの親子関係が余計に浮いてみえちゃうのかなあ…

エーファの友好度が早々にカンストしてイベント消化できちゃうので、ストーリー後半の彼女が空気になりがちで寂しかったです。

もしかして、究極のカレーイベントはその分の補完だったのかな…あのエーファさん、容赦ないキレッキレの突っ込みが素敵過ぎて痺れました。3Dモデルでジャイアントスイングの演出とか出来るようになったんですね!(謎の感動)

東の大陸に旅立つ相手はエーファの方がふさわしい気がしたけど、大事な家族である孤児院の子供たちと、ルルアの帰る場所を守ってる方が彼女らしいかもですね。


ピアニャ:トトリで出てたキャラですね!たしか、もっと幼かったんだっけ…??くらいしか知らないにわかで申し訳ありません。仕事が出来る溌剌としたお姉さん(私生活ちょっと雑把)感がたまらなく好きです。

アトリエ三作目以降あるあるだけど、伝説級の錬金術師がゴロゴロいすぎ(しかも、ロロナトトリメルルというあまりに強すぎる布陣)&アルケミリドル便利すぎ問題のせいで、師匠的な役割がやや空気なのが切ない。

良くも悪くも成長過程が万事ゆるふわチートなシナリオなので、「錬金術の腕前、もう私より遥かに上だから免許皆伝だよ!」とか言われても、さして感慨も寂しさもわいてこないんですよね…(ごめんなさい)

でも、ピアニャ師匠戦闘では常時パーティーメンバーでした。後衛サポート&インタラプト強すぎー。

キャライベントは、過去作の補完と次回作への布石ネタが多め…だったのかな??未プレイの弊害でわかるようでわからない。ちむどらごんさんとの主従関係が好きです。

そういえば…すごい栄養剤を投与するイベントがあったので、てっきり「巨大化or青年ちむどらごん爆誕か!?」とワクワクしてたのですが、特になにもなかったですね。もしや次作で見れたりします?


オーレル:ジオ様の親戚で元王族な超お金持ちの少年。「ノーブリスオブリージュ」を志し、日々修行に励んでいるストイックな天才剣士。ナチュラルに尊大な口調と態度なわりに、大らかな思考の持ち主。クールなのに子供っぽいとこあるし、めっちゃお人よしチョロい。

もし匙加減が少しでも違ったら、ただの鼻もちならねえパーフェクトイケメン(ケッ)とか、面倒くさい高飛車ツンデレキャラになりそうなものですが…

傲慢にも思える高潔さ×青臭い未熟さ×育ちの良さと懐の大きさがいい感じに交じりあって、絶妙に「微笑まし可愛い(カッコイイ)」キャラになってました。戦闘でももちろん大活躍。必殺技が中々見れなくてあせったけど、鬼強い!

ゲーム開始前は「あっ…今作の残念イケメン的なポジションの人ですね!(また空気だったり、十字架背負わされたりするんだろうな…)」くらいの予想で薄目で見てたくせに、出会いイベントからして少女漫画もかくやという可愛さに即撃沈されました。←チョロい。

いやでも、そういう浮ついた目線抜きにしても、オーレル君関連のイベントは最高に青春してて大好きです。ルルアちゃんとの何気ないじゃれあいも、若気のいたり炸裂な挫折を経ての成長も、すべてがキラキラしていて眩しい…

ルルアちゃんとオーレル君、アトリエシリーズ全体でも上位に食い込むお気に入りコンビになりました。もし次回作があるなら、できれば変な性格改変はせず(切実)再登場してほしいです。エーファも加えて仲良し三人組しててほしい。


フィクス:飄々とした態度の胡散臭いイケメン:職業マジシャン。どこからどうみても怪しい。しかも子供好き。あっ、イケメン残念枠はこっちだったか!…とかまたも失礼な印象を抱きかけてたのですが。

軽薄でチャラい言動の裏に隠された、仄暗い悔恨×人外…非常によろしいですね。

過去のフィクスさんのエピソードを見るために即トトリを購入プレイしたいくらい好きなキャラになったんですが。不思議シリーズの某キャラと似たポジションの人…と解釈すると、たぶん今作で語られた以上のストーリー掘り下げは無いんだろうなとも思うので、「機会があればやりたい」くらいで留めておきます。

アトリエシリーズ大好きなんですが、一年一本サイクルで出るから後追いプレイは大変だし、人気や作り手の都合によってリストラ&存在抹消されるキャラがいるので、たまにしんどくなるんですよ…ジーノ君とかフォールケン兄弟どこいったの…

ルルアとマァナ以外とは絡まないのかと思いきや、オーレル君との奇妙な友情(ゆう…じょう?)関係が意外すぎて、いいぞもっとやれ状態でした。ピアニャ師匠とのやりとりも好き。

属性範囲攻撃が出来るので、中盤めちゃくちゃ華々しい活躍をしてくれたのですが、ロロナ加入あたりから徐々に使わなくなっちゃいました…でもアルカナ攻撃めっちゃカッコよくて好き!
なんかこう…血が騒ぎますよね!(中二病)



ニコ:ルルアちゃんと似た性質で、豪快で裏表ない性格がみていてめちゃくちゃ気持いい兄貴キャラ。しかし、船がなくなったせいで陸で活動する海賊(善玉)って、それ、もうただの冒険者なのでは…?

そんな感じで、いまいち立ち位置がしまらないというか…アーランド世界の住人らしい、魅力的な善い人ではあるのですが。イエルチェさんと同じく通りすがりの気のいい冒険者感が強くて、あんまり「仲間」って感じがしなかったです。

クセが強いけど運用の仕方によってはめちゃくちゃ使える性能のキャラっぽいのに、戦略練って対抗する必要があるの裏ボスくらいだったから全然使わずじまいでした。

ごめんねニコ兄貴…キャラとしてはめっちゃ好きだよ…

どっちかというと次回作への布石のために用意されたキャラなのでしょうか。贅沢いうとキリがないのですが、もうちょっと全員とわいわい絡んで会話してるところも見たかった!

彼よりも、イクセ君の後輩であるヴィルトさんの方が「素材集めにいきたい」みたいな動機で一緒に採取地行くのに向いてた気がします。


ロロナ:さすがアーランド初代主人公。衣装含めて、可愛いのにそこはかとなく大人の色っぽさもあって眺めてると大変眼福です。黒タイツ最高!(こら)

ロロナ未プレイですがパイ狂いなのは有名だし、(ネルケでもクレイジーさの片鱗は伺えた)各所でコラボ登場してるので目にする機会が多く、すごく親しみがわいていました。

こんな可愛くて有能で天然ドジっこな人がお母さんになってくれるって言ったら、そりゃ最高に嬉しいしめっちゃ懐くよね…いやあ、ほんと可愛い。

メルルで「三十路になった彼女なんてみたくない事件」があったのは知ってるんですが、最初からこういう路線でいってれば、どこからも文句でなかったのでは…??

戦闘でも強いし可愛いし可愛い…彼女が倒れたら怒り心頭のステルクさんが必殺技ゲージ
ぐんぐん上げてくれる設定が死ぬほど好きです。


ステルク:顔が怖い!…らしいけど、普通にかっこいいですよね。

正統派イケメンをストーリ運用するのが死ぬほど苦手なガストさんのせいで、かなり人気があるし優遇されてるのに、色々と弄ばれて逆に虐げられてる印象があるイケメン騎士様…くらいの認識だったんですが。

今作もネタキャラ要素は多々あったものの(お祭りの腕相撲ミニゲームめっちゃ笑いました)、オーレルに敵愾心ぶつけられつつもそれを軽くいなして成長を促したり、ロロナとの関係が数歩進んだり…いい年長者ポジションだったと思います。


戦闘でもさすがの強さで、スピード不足なのを除けばほぼ最強でした。後衛にしてると戦闘開始時にランダムで空から降ってくるの、ちょっと面白いですよね。


スティア:可愛い!めちゃくちゃ可愛い!戦闘とかでも使いたいくらい可愛い!

…のですが。ストーリー的にはほぼ出オチ要員のサブキャラだったのに、後半いきなり悲劇のヒロインとしてストーリーの主軸になられてしまい、思い入れが少なくて微妙でした。

出会いからして「老朽化のせいでアクセス権限が無い」という裏設定(?)のもとに、遺跡奥でお茶すすって隠居してただけだし、その後も自分の正体や事情をろくすっぽ説明せず「カレー美味しい」とかいって居候ライフ謳歌しまくって大した活躍もなく。

遺跡を鎮める為に犠牲になります、とか言われても「そっか…さみしいけどそれがお仕事だもんね」くらいの気持ちしかわいてこなかったんですよ…(ごめんなさい)もうちょっと活躍の場があれば良かったなーと思います。

個人的には、トトリの二番煎じになろうともガラクセンの暴走を止めようとして失敗したロロナを助けるとか、ずっと人間だと思ってたエーファが実はAIで…!みたいなストーリーの方が見たかったです。

しかも、トゥルーEDでは遺跡管理AIの役割を丸ごと放棄してルルアと旅にでちゃってますしね…アイデンティティとか役割はもっと大事にしてほしい。

次回作でミミちゃんやケイナさんみたいな「絶対的な絆で結ばれた相棒ポジション」で出てきても、あんまり納得できそうにないなあ…





~以下、ステロロの関係についてのちょっとした不満~



今回のロロナとステルクさんの関係描写は、ガストさん的にはかなりの大サービスだったんだろうな…と思うのですが。(私の中では)なくてもいいレベルだった養子設定のせいで、何だか腑に落ちなかった部分もありまして。

ステルクさんが、ロロナがいつ子供産んだのかはもちろん、相手が誰かすらも見当がつかないまま数年モヤモヤしてたエピソード…いくら何でもヘタレすぎると思いますよ。もし聞けなかったとしても、ちょっと考えるか調べるかしただけで即わかりそうな話だよ!?

そもそも、ロロナが養子を迎え入れた理由もなんかアレだったし、ステルクさんに一切説明してない時点であまりに他人行儀に思えて本気でびっくりしたんですよ…未プレイの身で知ったかぶるのよくないけど、四作品も続いて皆勤賞の二人なのに、これはあまりにも不自然では。

「え…この二人の関係もしや友達以下?ロロナさん的に顔合わせたら挨拶する程度の存在で、ステルクさんが遠くから眺めて一方的に片思いしてるだけ??そんな状態十数年続けてんの!?」って、頭の中が疑問符だらけになりました。

制作側が「あのロロナの娘が主人公!」と大々的に宣伝してユーザーをざわつかせたい!っていう都合を最優先したせいなんでしょうけど。そんな理由で彼らの信頼関係がちぐはぐに見えちゃうのは何だかもったいないなあ…と思いました。


ちゃんと養子関係の事情はロロナが説明してて、ステルクさんは父親役に立候補する勇気はないけど、それに近いポジションで見守ってるみたいな関係なら、もっと素直に萌えられたのにー!!

超個人的な主観であれこれ文句つけてしまって申し訳ない。そこさえ除けば、ロロナとステルクさんの関係やあのEDめちゃくちゃ好きです。