十三機兵防衛圏 プレイ感想

十三機兵の感想(ほぼネタバレ無しの雑感)です。

IMG_20191210_162416.jpg
今年はプレイしたゲーム軒並み当たりで楽しい年だったなーってホクホクしてたのですが、またとんでもないクオリティのゲームに出会ってしまいました。

数奇な運命の元に集められた少年少女が「機兵」というロボットに搭乗し世界の終焉に立ち向かう、アドベンチャー&シミュレーションゲームです。

ヴァニラウェアさんの新作がジュブナイル群像劇×SFロボものらしい!って初報を見た瞬間から、めちゃくちゃ楽しみにしてました。

開発が長丁場なのはお約束とはいえ、かなり大変そうな気配を察知したので、春先に出た有料プロローグ版を応援の意を込めてプレイしてたんですが…
 
ほあああ…えっ、なにこれ…ヤバい。予想と期待を軽く飛び超えたとんでもないのが来た。これ間違いなく死ぬほど好みなやつ!!

まって、プロローグ時点でこんなに面白くて大丈夫…?本編プレイしたら多幸感で爆発しない??

よくある風呂敷たたむの失敗してるパターンもあり得るし、期待しすぎるのは危険かもだけど、これだけ面白そうならもう何でもいいや…とにかく完成品を遊びたい!

そんなかんじで、発売されるのを本当に心待ちにしてました。

意外にも(?)ロボ戦闘要素が豪華な添え物扱いで、「何故彼らが機兵で戦うことになるのか」という物語に比重が寄ってるので、派手なロボアクションに期待してると肩透かしくらうかもです。

あと、SFネタこれでもかってくらい詰め込んで複雑なシナリオ構成してるのに、少女漫画テイストな恋愛要素がふんだんに入ってるので、合わない!なにこれつまらん!ってなる人も当然いらっしゃるかと思います。

…が、とりあえず私はクリアした感動そのままに全力でべた褒めして行く所存ですのでご容赦下さい。(前置き長くてすみません)
 

〜以下、ゲーム内容の雑感(ネタバレ無し)〜

もう!マジで!信じられないくらい 面 白 か っ た ー!!

こんなに最初から最後までどんでん返しと盛り上がりが加速しっぱなしで、破綻なく綺麗にまとまって終幕になるシナリオ久しぶりに遊びました。

しかも2Dグラフィックすごすぎて画面ずっと眺めてたい…ノスタルジックで繊細でとにかく綺麗。背景も動くキャラも食べ物も何もかもが美しい…
IMG_20191210_161256.jpg
ヴァニラウェアさんのお家芸とはいえ、これを横スクロールで動かして体験しながら進めるADVとか、あまりにも贅沢すぎて目から溶けそうでした。

BGMも世界観に合っていて素敵でした。タイトル画面の曲ずっと流してたいし挿入歌フルで聴きたい。サントラリリースお願いします…

肝心のゲームパートは追想編(ストーリーモード)、崩壊編(戦闘モード)、究明編(イベントアーカイブ)の3つに分かれてます。

追想編:生きる時代も事情もさまざまな13人の主人公を操作してシナリオを読み解いていく、ザッピング要素ありのアドベンチャー。

どの主人公を選んで進めるかはある程度自由に選択できますが、途中で進行度ロックがかかるので一気に一人のシナリオだけまとめて読む!みたいなプレイは出来なくなってます。

偶然と必然が繋がり絡み合い解けていく…極上の群像劇だと思います。

失礼ながら、何人かは数合わせでシナリオに華がないキャラいるのでは?と思ってたのに、全員が重要人物にして魅力的な主人公してるのすごい。みんな可愛くてカッコいい…好き…

見ようによっては何人かヤバい人も混じってたりするけど、そこも良い…

時間転移などのSFメタ要素がふんだんに盛り込まれ、ありとあらゆる伏線と人間関係が複雑に絡み合っているので、そういうシナリオロジックがお好きな人ならたぶん身悶えするほど楽しいです。

繋がったと思った話の全体像がどんどん広がって、さらに謎が増えていくのに矛盾や破綻がほぼないのすごい。本当にすごい!

(納得できないのはなんでメンバーがそんな都合よく全員日本人なんだよ、ってことくらい)

投げっぱなしにせず、きちんと要所でヒントと答えと補足資料(ミステリーファイル)を提示してくれる親切&誠実設計なので、ストーリー追いかけるのがめちゃくちゃ気持ち良かったです。

こんなにステレオタイプな王道テンプレとオマージュ&パロディ多用してるのに、シナリオの練度と構成がとんでもなく緻密で、そうそう真似できないハイレベルな物語になってるの恐ろしい…

これ考えつくだけでも常人離れしてるし、ちゃんとゲームとして組み上げて完成させるとか、もう狂気の沙汰では。

クラウドシンクシステムのおかげで、情報やキャラの心情が視覚的に整理しやすくてわかりやすいし、声優さんの熱演も素晴らしかったです。

難解なストーリーに反して台詞まわしがコンパクトかつ明瞭なので、スキップせずにするっとフルボイス堪能できちゃうの密かにすごい! 
(テキストを目で追った時点で音声容赦なく飛ばす派)

崩壊編:戦闘パートです。ジャンルはタワーディフェンス…ですよね??

MAP上にリアルタイムで大挙する機械怪獣を、コマンド選択で攻撃するシミュレーションバトルです。

ストーリーパートと完全分離式になってるおかげでかなりテンポよく遊べたんですが、最初ちょっとびっくりしました。
(何となくシナリオ→戦闘→シナリオ、みたいな形式で進むのかと思ってた)

そして搭乗時の姿が全員容赦なく全裸スタイル設定なのにもびっくりしました。

…!? 

ちょ、いたいけな少年少女になんの恨みが…これ落ち着かなさ過ぎて世界防衛に集中出来なくない??イラストの色合いとトリミングが絶妙なので露骨ではないです

最初は戦闘画面ちょっと地味かなと思ったけど、数分で終わるお手軽さと戦って防衛してる臨場感のバランスが思いの外いい感じ。

わー、メタチップ集めて機体強化するのたっのしー!(SLG好き)遊びこむほどじわじわ面白さが浸透していって夢中になってしまいました。

難易度カジュアルにすればおそらく詰む事はないし、話は知りたいけど戦闘あるの不安…って人もそこまで苦痛じゃないと思われます。

シンプルだけど戦略性もあるし、群がる機械怪獣を超大型ミサイルとかで蹴散らすのとても気持ちいいです。ボスには問答無用でデモリッシュブレード!!!ゴリ押し万歳!(戦略性どこいった)
 
ストロングでも遊んでみたんですが、「何としてでも拠点防衛しないとゲームオーバーになる」という世界観に沿った守りの緊張感が味わえてこれはこれで楽しかったです。

余談:戦闘画面スタイリッシュで好きだけど、攻撃カットインくらいあっても良いのになー。そこまで用意する時間なかったのかなー…と思って冷静に見直すと、インターミッション画面とかで全種類小さくアニメーション表示されてて「どういうことなの」って真顔になりました。

もしやこれ、ゲームテンポ重視する為とかで攻撃時に表示出すのカットした…??思い切り良すぎない…?


究明編:要するにシナリオ再生モードです。

え、この機能そんな大仰に分離する必要ある??…と思ったんですが、これがないと話の全容がちゃんと把握できたかどうか怪しいので超重要でした。

鬼畜(褒め言葉)なザッピングと時代シャッフルが行われていた本編ストーリーが、正しい時系列&キャラ毎に再生可能なので、拝みたくなるくらい重宝しました…

親切設計ありがとうございます…

総プレイ時間は38時間。(クリア自体は28時間で出来たんですが、頭の中で整理しきれなかったあれこれを見返す為に究明編&ミステリーファイルを閲覧するのに10時間ほどかかりました)

ADVとしてはそこそこボリュームある方だと思いますが…内容の濃厚さと「ゲームでこそ体験できる極上の面白さ」による満足感でその3倍くらい遊んだような不思議な感覚が残ってます。

しかもまだまだ十三機兵の余韻に浸ってたい…

こんなにすごい作品そうそう遊べるものじゃないと思うので、とても得難い楽しい時間を過ごしました。アトラスさんとヴァニラウェアさんに感謝。

アドベンチャーゲーム好きな人は全員やりましょう!もうとりあえずやろう!!PS4もってる人は体験版おとして遊んでみてほしい…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント