テーマ:宵夜森ノ姫

宵夜森ノ姫 エーレンフリート感想 +総評

八周目…最後は物語の真相に関わるこの人で。 エーレンフリート 正義担当。「ようやく会えたね私の姫!」と言ってババーン!と出てきては、毎回攻略対象とイルザの仲を裂こうとするKYなラスボスだったんですが… ルートによっては、禍宵の呪いなぞ歯牙にもかけぬ勢いで華麗に無双したかと思えば、攻略対象の一撃であっさり沈没したり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫  ミリヤムルート感想

ミリヤム 色欲担当。字面的にもう嫌な予感しかしない。最初にゲーム情報を見た際、この人のせいで年齢制限付きのPCゲームかと勘違いしかけました。 この手の甘い系口説きキャラがあまり好みじゃないので「このセクハラ色情魔め!」と殴りたくなるような展開かと思ったんですが… 上辺の言動はふざけ気味だし、キャラ特性を活かしてスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫   ウルリヒルート感想

六周目… ※すみません。中だるみ入ったせいかもですが、あれこれ辛口です。 ウルリヒ 暴食担当。食いしん坊…かと思いきや、殺戮衝動の方でした。でもウルリヒ本人は人畜無害を通り越して、臆病なくらい優しいピュアハートの持ち主。 机とか粉砕してしまう怪力のせいで、イルザに触るのにすごく戸惑って慎重になってるのが可愛い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫 ハーロルトルート感想

五周目です。 ハーロルト 憤怒担当キャラ。身長低めなのを気にしてたり、男らしさ=強さ!みたいな直情的で思春期真っ盛りな感じがとても微笑ましいツンデレ少年。 イルザとの喧嘩が漫才系ラブコメを踏襲しすぎてて、ニヤニヤが波状攻撃で起きて大変とても愉快でした(笑)なにこの二人可愛い。 はー、癒されるー。ユリアンが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫   ユリアンルート感想

よ、四周目…です(虫の息) ユリアン 嫉妬担当キャラ。行き倒れたイルザを拾ってくれた恩人。どこか浮き世離れした雰囲気を持つ癒しの麗人。 博愛と慈愛に満ちた穏やかな性格だけど、天然と見せかけ計算高かったり、怒らせると怖いというブラックな一面もあって、なかなかに素敵ですユリアンさん。 …いや、いやいや、待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫  ランベルトルート感想

三周目。選択肢スキップの存在にようやく気づきました… ランベルト 怠惰担当キャラ。「面倒くさい」と良いながら、まめまめしく美味しい料理を作り、わりと手がかかる他の住人達を気に掛け、さりげなく面倒を見て…って、ただの強面ツンデレじゃないですか。 顔が怖くて敬語でしか喋れないの!→お皿パリーン!の流れ、ランベルトが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫  ルッツルート感想

二周目完了。 すみません。わりと辛口です。 ルッツ 強欲担当。服装がなんだかレトロで、おとぎ話に出てくる街の人っぽい。メンバー中髄一の何も出来ない駄目っこなのですが、すごくいい子で癒しです。 でも、さすがに恋愛対象としてはちょっとなあ…といった印象で、早めに消化してしまおう、という失礼な理由から攻略二番手はル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫  クラウスルート感想

初回ルートプレイ完了。 呪いによって禍宵化する設定にやや不安があったものの…1ルートプレイした印象としては、中々面白いです。 良い意味で奇をてらわない王道さが楽しめる、ダークファンタジー風味のおとぎ話です。乙女ゲーム的な甘さも随所にあり、キャラの掛け合いも面白いし、期待してた要素はだいたい入ってる!発売日を心待ちにしてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵夜森ノ姫  購入しました。(序盤プレイ感想)

発売おめでとうございます! 七つの大罪×白雪姫と七人の小人…というダークメルヘンな感じに惹かれて、去年の秋くらいから楽しみにしてました。レトロでマイナーな雰囲気だったので、何となくPCゲームだと思い込んでたのですが、まさかのPSP。 攻略対象の男性陣には、大罪になぞらえた悪魔のようなもう一つの姿があるそうなのですが…それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more