テーマ:ニル・アドミラリの天秤

ニル・アドミラリの天秤 プレイ感想 (尾崎 隼人+隠しルート)

無事(?)トロコンしました。 「この人、絶対前からつぐみちゃんの事知ってて好意を抱いてるよね。そして実は本名八代さんだったりしませんかね…」という気持ちでプレイしてたので彼の正体については驚き少なめでした。そしてそれゆえの王道感が素晴らしかった。 隼人は精神的に危うい所がほぼなく、全てにおいてこれぞメインヒーローな安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニル・アドミラリ天秤  プレイ感想 (鷺澤 累ルート)

キャラの名前難しくて、漢字間違ってないか不安になる… 翡翠ルートのエピソードから、たぶん累が彼女の息子でありさらに父親はアレなんだろうという予測はついていたので、そういうところ含めてどんな展開になるのかちょっと楽しみにしてました。 その反面、私はこういう爽やか好青年を装ってグイグイ迫ってくるキャラがどうも苦手なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニル・アドミラリの天秤  プレイ感想 (汀 紫鶴ルート)

すみません、だいぶ辛口です。 いつものカラス関連の騒動ではなく、通り魔事件を追うミステリー風味なシナリオになってて面白かったんですが…恋愛イベントが前半と後半に偏ってたせいで嵌まり損ねてしまい、ちょっとモヤモヤしながらプレイしてました。 紫鶴さんを疑わしく見せるための演出なので仕方ないんですけど、つぐみちゃんが恋愛脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニル・アドミラリの天秤  プレイ感想 (鴻上滉ルート)

三人目。惜しいところはあれど、すごく楽しいです。 他のメンバーが全員つぐみちゃんに対して好意的な中、一人我関せずな感じでほぼ空気だった人。 すぐふらっといなくなるけど、この人いっつも何してんだ?と考えた時に何となく理由が予想できてしまい「あー…これは最後の方まで本音語ってくれなさそうだな」と察したんですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニル・アドミラリの天秤 プレイ感想 (星川 翡翠ルート)

二人目攻略。 プレイしてまず最初に思ったこと→翡翠くん、見た目も性格も温厚で天使なのに会話で触れちゃいけない地雷なにげに多い。 いや、やんわりと「触れてほしくないオーラ」を出してるのに合わせて、周囲もそれとなく空気を読んでスルーしてあげてるので、ギスギスしてる感じはなかったんですが。昌吾とはまた違った思春期特有の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニル・アドミラリの天秤  プレイ感想 (共通+鵜飼昌吾ルート)

さといさんのイラストと、大正if設定の世界観が魅力的な乙女ゲームです。 同ライターさんがシナリオ担当していた別の作品をプレイした事があるのですが、そっちがあまり自分に合わなかったので「物語性に過度な期待はしない」という期待値低めな状態で購入しました(すみません) 以下、いつものだらだらしたプレイ雑感です。 ~システ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more